自分の育て直し始めました☆

アダルトチルドレン(AC)やHSP(Highly Sensitive Person)・トラウマ・共依存・認知行動療法などに興味あり。読書や絵、アニメ、動物が好き。このブログでは私のこれまでを綴ったり、日々のこと、頭の中を整理するためにアウトプットしたり、学んだことをシェアする場所にしたい。

『毒になる親』読了


ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病



『ママ、怒らないで』の参考文献である1冊で、ずっと前から気になっていた本がありました。



『ママ、怒らないで。~不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病~』読了 - めーぐるとの自分育て始めました☆



昨年5月末頃にようやく読み終えました。



毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)



自分にとって、大事なことが述べられている箇所が多くて、読書ノートにメモしましたφ(..)



様々な虐待の種類があること、それに関する詳細があり、読むのが苦しくなってくる内容がいくつも書かれていて、かなり読むのに時間がかかりました。



この本を読んだことで、これまで自分が把握していた内容が改められることになり、理解をさらに深めることが出来ました。





特に、心理的(精神的)虐待については、


周りからは、心理的虐待の実態がものすごく見えにくくて、わかりにくいものであるということ。



心理的虐待は、身体的虐待によるダメージと大差がないほど、大人になってからも、様々な悪影響を及ぼすということ。



何が原因でこんなにしんどいのか?



わけも分からず、人生につまづいて、生きづらさに苦しんでしまうなんて、本当に恐ろしく感じました。





1番有難かったことは、本当の自分を取り戻す方法や、怒りと悲しみの対処方法が書かれていたことです。



親がいかに無責任で、子どもを支配して、子どもの人生を狂わせてきたかということ。



無理に親を許そうとしなくてもいいんだということ。



図書館で借りて読んだので、個人的にも欲しい1冊となりました。



『不幸にする親』という本も、前に借りて途中までは読めました。


不幸にする親―人生を奪われる子ども

不幸にする親―人生を奪われる子ども


その時、なかなか読みきれなかったけど、また借りにいこうかな・・・・