自分の育て直し始めました☆

アダルトチルドレン(AC)やHSP(Highly Sensitive Person)・トラウマ・共依存・認知行動療法などに興味あり。読書や絵、アニメ、動物が好き。このブログでは私のこれまでを綴ったり、日々のこと、頭の中を整理するためにアウトプットしたり、学んだことをシェアする場所にしたい。

『 敏感すぎて困っている自分の対処法 』読了


私がHSP(Highly Sensitive Person = 非常に敏感な人々)という気質を初めて知ったのは、2015年の秋頃でした。





敏感すぎて困っている自分の対処法

敏感すぎて困っている自分の対処法





書店で見つけて即買いしました。



確かちょうどこの時期あたりだったか、誰かのブログでHSPっていうのがあるって紹介されてて、なんとなくちょっとだけかじったような気がします。


それ関連の書籍を購入したのはこれが初めて。興味関心がそそって、一気に読み終えました。



著者は、様々な原因不明の体調不良や、超常現象に悩まされるようになった事がきっかけで、調べて調べて行き着いたのがHSPだったそうです。



超常現象や霊感などのスピリチュアルな部分の記載があり、記憶を思い返すとたぶんそういう体験はしたことないので、「そういう事もあるんだ」と思いながら読みました。



宇宙とか波動とか…レイキ伝授受けた事もあったけど、やっぱいまいちよくわからない。


私はスピリチュアル系について、好きでも嫌いでもないけれど、目には見えない「何か」はあるかもしれないって思っています。


でも、空想しがちなとこがあるのは否めないので、そこにどっぷり浸かって、あれやこれやと妄想に発展しないよう程々の距離をとりたいです。





本には、HSP生存戦略として生き残るために必要な能力だということ、


人間に有害なものを多くの人より早めに察知して拒否を示すことによって、


社会に早期に警鐘を鳴らすという一種の社会のカナリア的役割を果たしているかもしれないって教わりました。





この本読む前までは、


自分のなかにあるネガティブで神経質、よく不安になりがちで考え過ぎる性格が嫌いで、どうにか克服出来ないかと自分なりに頑張ってきました。



ダメダメで悪いばかりではない。


自分の性格を少し肯定的に捉えられるようになりました。





読み進めていくうちに、何故これまで生きづらかったのか・・・腑に落ちました。


育ってきた家庭環境学校生活でのトラウマ。



親や友達、周りに自分の気質を受け入れてもらえなかった、とにかく馴染もう適応していこうと無理が重なったことで、


大人になった今過敏さが強くなっているということを理解しました。





私の場合、電磁波や感覚過敏でしんどいいうより、


特に、大きな音や怒鳴り声(メンタル不安定の時は笑い声とかも)や人と関わる場面で敏感センサーがよく働きます。

まさに今これで人生つまづいているという…



内心オドオドしたり、緊張したり、無意識に肩に力が入って、なるべく嫌われないようにと過ごす事がほとんどでした。



そう感じている事は良くない、ダメだと思っていました。もし知られたら、馬鹿にされて笑われたり、みんなとは違う普通じゃない自分が際立ってしまうのでは…と不安でたまらなくなります。


こんな自意識過剰な自分がイタくて嫌いで、見たくもないから隠して蓋をしてしまう感じです。





4年前に読んで、なんとなく自分の傾向を知り、また久しぶりに読み返しているところです。



本には、人間関係に効く対処法や自分軸の作り方、自分を守る方法など有益な情報が載っています。



ここでも瞑想おすすめって書かれていましたが、私も最近ようやく、瞑想やマインドフルネスを取り入れているところです。



「今ここ」

自分はどんな気持ちか。

怒りがあるのか、不安があるのか。

色んな感情がある…ある…と、ただ見ていく。



身体の感覚に意識を向けてみたり、自分の所作を心の中で言葉にするなど…長期間続けてみてどうなるかをふりかえってみたいです。



自分が何に敏感で、どんな場面や状況でひどくエネルギーが消耗しやすいのか?どんな対処法があってどれが自分に合うか?



色々検証していくことで、自分をよく知り、自分と上手く付き合う手立てにこの本が支えになると私は思いました。





HSP関連の書籍は色々読んだりしたので、今後いくつか記事上げていく予定です。

『 絶望読書 』読了



お久しぶりです<(_ _)>


かなり間が空いてしまいました。





昨年のGW明け前後から、体調を崩しました。今は落ち着いています。



日常生活に支障が出る程ではなかったのですが、何かと無理にはりきり過ぎてしまいました。



この調子がいい状態がいつまでも続いて欲しいなぁという欲。そして、もう落ち込んで沈みたくないと自分にプレッシャーをかけてしまい、、ドーンと落ちてしまいました。



後悔しても仕方のない事だけど、短期の仕事を更新せず、契約通りに終えれば良かったと思います。



これまでと似たような失敗パターンに、また今回もハマってしまい、長らく自責の念や鬱々の波が激しく何も手につかない状態が続きました。



あー何やってるんだ。


なんで生きてるのか全くわからなくて。



本当はやりたい事、やらないといけん事があるのに、もう何しても無駄だし、失敗するし…と 決めつけてしまいます。



毎回毎回上手くいかない…というか、自分は踏ん張れずに逃げています。



もうがんばるのがアホらしくて…自分が早く死んでしまえばいいって気持ちが強くなりました。





以前、何気なく読んでた新聞におすすめの本が紹介されていました。



絶望読書――苦悩の時期、私を救った本

絶望読書――苦悩の時期、私を救った本



本を読むのが億劫になっていたけど、この時は時間を忘れて読んでいました。



世間がポジティブに満ちあふれているのとは逆に、心がやさぐれてる自分。



何とも言い難いしんどさにうんざりしていたので、読んでいて涙が出てきました。



そういや、これまで辛かった時いつも本に励まされ助けられてきたなぁと思い出しました。





正直、今の状態を絶望と呼んでいいのか。と 疑問に感じます。



人と比較したら、私のしんどさはちゃっちいものかもしれませんが、辛い時に寄り添ってくれる本の出会い、とてもありがたかったです。



誰かの悲しみに共感し、同調する事は出来ても、それは一時的なもの


私はまだ悲しいけど
もう周りは各々楽しそうに笑っている


当事者の悲しみは当事者にしかわからない


反対に、私も相手の本当の悲しみに気づけないし、全てを察するなんて出来ないのだ


悲しい時は身一つ





わかってもらえない、共有出来ない悲しみがある。



すごく切ないし、残酷だけど、知ることが出来て良かったと思いました。

『自分でできる対人関係療法』読了

あなたにとって1番大切な人は誰ですか?



自分でできる対人関係療法

自分でできる対人関係療法



P.25より

「重要な他者」というのは、もっとも気持ちを許せる身近な存在(他者)であるわけだから、ついつい甘えて我慢を強いてしまうという矛盾した事態に陥りがちです。

「重要な他者」との関係が良好でなければ、自らの健康も損なわれるということを考えれば、我慢を強いるどころか、1番大切にしなければならないといえます。

「重要な他者」第1層にあたる部分で、そのなかに家族、親友、恋人やパートナーなど、人によって様々です。



( ´~` )・・・私、この辺りが微妙なんだよなぁ、、


AC(アダルトチルドレン)の場合だと、ここに家族がいない場合もあると思うのです。



第2層は親戚や友人…



第3層は仕事上で関わってくる人達~…だったかな?近隣の人もおそらくこちらに該当するかもですが、親密度合いによっては変わりそうです。





男性の方で、仕事上の付き合いを第1層に置くことが特に多くみられるとありました。


奥さんや子どもがいる場合、どっちが大事なのか?


家族だから・・・といって我慢を強いるようなことしてないか?改めて考えてほしいといった内容も書かれてました。



・・・・仕事上のお付き合いって、家族関係と比べたらいつまで続くものかわかりません。



あと、ストレスの元が大体対人関係からくるものが多く、それが原因で、うつとか心身の不調が出てくるということ。



そのなかで、過食症の患者さんの場合、対人関係のストレスが高まると過食の症状がひどくなる、というパターンをとる方が少なくないと書かれてありました。



(´⌒`)嗜癖や依存症とかも、そういうストレスから問題をこじらせてるのではないかと思えました。


私の場合は、お酒で鬱憤を晴らす等していました。





第3章では、コミュニケーションを円滑に図る為の基本的なことを下に箇条書きであげてみました。


・「重要な他者」との関係をチェックする


・やるべきことに優先順位をつけよう


・できるだけ「言葉」で伝える


・間接的な言葉は誤解のもと


・相手はわかっているはずだと思い込まない


・勝手に納得しない


・むずかしい時は手紙で伝える

本書を読んでいくうちに、嫌というほど目の当たりにする己のコミュニケーションパターン・・・



勝手に納得して、人付き合いからフェードアウトしていった事が何度もあって、実際どうだったかわかんないものも少なからずあったかもしれません。



大切な人を失ったときの上手な立ち直り方(悲哀のプロセス)や、相手とのズレに悩むとき、


変化を上手に乗り越えていく方法や、様々な困難に直面した際の対策、コミュニケーションに失敗したときなどなど、本書で紹介されてます。



不安があって当たり前。



相手の言動と自己評価を関連づけない。



コミュニケーションに不安を感じたり、勇気が出ないときとか手にとってみてはいかがでしょうか?



ヒントになりそうな事を、この前ノートにメモったので、久しぶりに読み返してみたところ、、



P.157 人見知りタイプの場合より


「距離の遠い人にはひどく遠慮してしまうが、一旦親しくなると距離が近づきすぎてしまって依存しきってしまうというタイプです。

こういう人は、身近な人に無理を要求してしまったり、常に一緒にいることを押しつけたりという付き合い方をして、相手に負担を与えます。

こういうケースは、実は「第3層との付き合いが苦手」というだけの話だけでなく、立派に「重要な他者」との関係も障害されてます。



oh......(ノ゚Д゚)ノ



思わず、過去の恋愛を思い出しました。


てか、友達付き合いも、好きな子にはベッタリしてたいたし、私の事ウザいって思われてたかもしれないなぁ… わからないけど…。



「対人関係の欠如」

・・・まさにそうだなってなりました。


読んだ時もショックだったけど、確かにって響くものがあります。



でも、めげない。


これから新たに築いていけばいいし( ˙-˙ )౨

小さかった私へ⑮ 小学生編

新年度を迎えるこの時期、、毎年地域の運動会が開催されます。

 

 

 

ガードレールに吊り下げられた横断幕や、区のチラシを目にする度に、懐かしいなぁという思いと、嫌々参加していた当時の気持ちを思い出します。

 

 

 

幼少期の頃の私は、運動が苦手で嫌いでした。

 

 

 

運動が好き・得意で、足が速い子はとても楽しそうにしていますが、私は足が遅くてほとんどビリだったので、悔しいやら情けないやら… 「もう家に帰りたい」って気持ちになりました。

 

 

 

参加したくなかったから、母親に「行きたくない」と駄々こねたり、拗ねたりとアピールしたとは思いますが、何故か小学3、4年くらいになるまで参加していました。

 

 

 

同じ地元で、参加していなかった子も居たのに、どうして私はここに居るんだろう?とモヤモヤしていました。

 

 

 

「運動神経が良い子達だけで楽しめばいいじゃん」と、不貞腐れている自分・・・・。

 

 

 

私は、同じ区の子達と相性があまりよくなかったので、どうやったら仲良く遊べるのか全くわかりませんでした。

 

 

 

戸惑いや不安、みんなと過ごしているのに寂しい、、そんな気持ちがあってお母さんと離れたくありませんでした。

 

 

 

母は私の気持ちに気づいてもくれず、「友達と遊びに行きなさい」とか「あっちに行きなさい」と私に言ったりしていたと思います。

 

 

 

友達が作れなくて、家族から離れられずにひとり遊びして過ごしている自分って、おかしくて変だなぁと感じていました。

 

 

 

この時間は異様に長く感じたことと、運動会で振る舞われていたジュースがとっても美味しかったのを覚えています。

私の人生の舵取りは私がやる

※  以下、愚痴垂れ流しの内容となっておりますので注意  ※












先日、母と買い物をしていた時、ひな人形があるコーナーの前を通りかかりました。



母「あんたに孫が出来たら買ってあげるさ~」



私「いや、孫以前に、私結婚するかどうかも分からないのに買わんでいいでしょ。てか、私の時には買わないで孫には買うのか?」



仕事に就いていない状態から、なんとか自力で出来ることから始めて、これでも一生懸命やっているというのに、、



結婚するかしないかをすっ飛ばして、孫の話を始めるって、一体なんなんですか?



ただなんとなく言ったんだろうが、、


私に貴方の期待を押し付けてこないで!



過去に貴方が、当時付き合っていた私に、パートナーのことを「男らしくない」など、色々私に文句を言った事、まだ許せないでいます。



「私は結婚しないかもしれない」


以前から私はそう言っているつもり。



どう思っていたか知らないけど、母親の反応とかほんとどーでもよくて、ポンと言った感じ…





仕事も、結婚も、自分の人生については自分で考えて決めていきたい。だから、首突っ込んであれこれ言ってきたりしてほしくない。



人の選択に、いちいちいちゃもんつけてきたら、ほんとマジでぶっ飛ばすぞ๛(º言º)



私の結婚に対するイメージ悪くさせたのは、貴方達両親を見て育ってきたからですよ。



お母さんの苦しみや痛みをわからずにフォローとかしないズルいお父さん。



お父さんや姑である祖母の愚痴を私に聞かせ続けたお母さん。



あんたらのせいだよ。



生まれて初めて、結婚したいと思える人が出来たけど、両親に彼を紹介するのに、すごく時間がかかりました。



当時のパートナーには、ひどく申し訳ないことをしました。



だってさ、、、話し合いや相談したいことあっても、すぐ頭抱えるほど肝っ玉が小さい父親なんだよ?



どう伝えたらいいのか?…ほんと骨が折れました。



両親に彼氏を否定されるというのは、今の私を認めないという事と同義だと、当時はそう捉えていました。





てか、もう私は既に成人してるんだよ。



あんた達の許可なんていらなかったんだ。



娘が結婚することや、子どもが巣立っていくのがそんなに嫌なら、子どもなんか作るな馬鹿野郎(゚⊿゚)ケッ

『ニトロちゃん みんなと違う、発達障害の私』読了

沖田×華さんのこれまでの体験が描かれている作品です。





教師からの暴力や暴言、セクハラ行為の場面を読んで、腸が煮えくり返るほど悔しくてたまりませんでした。



こんなのが教師とかふざけんな!


許せない!ってなり、怒りを覚えました。



教師という権力をふりかざして、巧みに生徒を支配しようとしていた人が居たという真実・・・



人の職種や肩書きなどに踊らされてはいけないと肝に銘じます。



良い大人もいれば、嫌な大人もいる。



沖田さんが生きていてくれて良かったと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。



発達障害がある当事者や、その子を持つ親御さん、教育関係者や障がいのある人をサポートしている人…

出来れば全ての方々に読んでいただきたい1冊だと、私は思います。



透明なゆりかごも5巻までは読んだかな…。


後日、こちらの漫画の紹介もしていきたいです。



自分の事を受け入れてくれて、

理解してくれる人が1人でもいるだけで、

とても救われるし、

生きる力がみなぎるということ⸜( ´ ꒳ ` )⸝✩︎⡱

この作品を読んでいて改めて実感することが出来ました。

『共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア) 』読了

共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア)

共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア)

  • 作者: ケイ・マリーポーターフィールド,Kay Marie Porterfield,水澤都加佐
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 78回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る




共依存とは・・・

面倒を見る ・世話を焼く ・尽くす ・干渉する」など。


相手が自分から離れていかないように、相手から捨てられないように、自分なしでは生きていけないところまで相手に依存させ、ペット化する。


相手を“困った人”と位置づけ、無力化すること。



昨年4月頃、地元の図書館でこの本を見つけました。



丁度この時期に、自分が共依存であることがわかり、調べてみようと思い読んでみました。



10代向けで、このようなセルフケアの本があるとは知らなかったので「あぁ…こういう本にもっと早く出会っていたかったら良かったのになぁ〜」と思いましたが、、


おそらく、その時がこの本を読むベストなタイミングだったのかもしれません。



本を開くとすぐに、共依存の人の行動や気持ち等の特徴をあげた共依存チェックリストがありました。



すると、該当する点が怖いくらい多くてびっくり…まんま私だと思いました(°Д°)



共依存について、様々な子どものケース例が挙げられているので、読み進めやすくあり、とても理解しやすかったです。


と同時に、自分の10代の頃を思い出したりして、読んでて少し辛い気持ちにもなりました。





セルフケアについて、おおまかに箇条書きで挙げてみました。



インナーチャイルドの存在を認め、再びインナーチャイルドとつながること


・自己否定感を理解すること
自分自身がどういう時に自己否定を抱いているのか?家族もその親から受けとった自己否定感を伝えているということ。


・信頼感の欠如を乗り越えるには、人に依存した関係とまったく孤立した自分との間に道をみつける必要性があるということ
(相互依存の関係を作るということ)


・健康的な境界
“庭のフェンス”のようなものを作ること


・嘆きのプロセス(否認・怒り・悲しみ・無関心・受容)を受け入れること


・目標を設定する、、例えばやることリストを作るとか…



などなど。セルフケア1つひとつについて、詳しく書かれていました。



私は、インナーチャイルドとつながりやすくするために、自分のアルバムから自分の小さかった頃の写真を何枚か選びました



写真を見ていると、おばちゃん心が湧いてきたからなのか・・・


「 私ってこんなに可愛かったんだ~♡」ってなりました 笑。



☆人の役にたてなくても、私の価値は唯一無二のものであるということ。



☆私は誰かに支配されたり、蔑まれるような人間ではないということ。



☆自分に自由与えるのと同じように、相手にも自由を与える。



人間関係で悩み、辛い思いをしてる子達に届けたい1冊です。