自分の育て直し始めました☆

アダルトチルドレン(AC)やHSP(Highly Sensitive Person)・トラウマ・共依存・認知行動療法などに興味あり。読書や絵、アニメ、動物が好き。このブログでは私のこれまでを綴ったり、日々のこと、頭の中を整理するためにアウトプットしたり、学んだことをシェアする場所にしたい。

『共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア) 』読了

共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア)

共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア)

  • 作者: ケイ・マリーポーターフィールド,Kay Marie Porterfield,水澤都加佐
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 78回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る




共依存とは・・・

面倒を見る ・世話を焼く ・尽くす ・干渉する」など。


相手が自分から離れていかないように、相手から捨てられないように、自分なしでは生きていけないところまで相手に依存させ、ペット化する。


相手を“困った人”と位置づけ、無力化すること。



昨年4月頃、地元の図書館でこの本を見つけました。



丁度この時期に、自分が共依存であることがわかり、調べてみようと思い読んでみました。



10代向けで、このようなセルフケアの本があるとは知らなかったので「あぁ…こういう本にもっと早く出会っていたかったら良かったのになぁ〜」と思いましたが、、


おそらく、その時がこの本を読むベストなタイミングだったのかもしれません。



本を開くとすぐに、共依存の人の行動や気持ち等の特徴をあげた共依存チェックリストがありました。



すると、該当する点が怖いくらい多くてびっくり…まんま私だと思いました(°Д°)



共依存について、様々な子どものケース例が挙げられているので、読み進めやすくあり、とても理解しやすかったです。


と同時に、自分の10代の頃を思い出したりして、読んでて少し辛い気持ちにもなりました。





セルフケアについて、おおまかに箇条書きで挙げてみました。



インナーチャイルドの存在を認め、再びインナーチャイルドとつながること


・自己否定感を理解すること
自分自身がどういう時に自己否定を抱いているのか?家族もその親から受けとった自己否定感を伝えているということ。


・信頼感の欠如を乗り越えるには、人に依存した関係とまったく孤立した自分との間に道をみつける必要性があるということ
(相互依存の関係を作るということ)


・健康的な境界
“庭のフェンス”のようなものを作ること


・嘆きのプロセス(否認・怒り・悲しみ・無関心・受容)を受け入れること


・目標を設定する、、例えばやることリストを作るとか…



などなど。セルフケア1つひとつについて、詳しく書かれていました。



私は、インナーチャイルドとつながりやすくするために、自分のアルバムから自分の小さかった頃の写真を何枚か選びました



写真を見ていると、おばちゃん心が湧いてきたからなのか・・・


「 私ってこんなに可愛かったんだ~♡」ってなりました 笑。



☆人の役にたてなくても、私の価値は唯一無二のものであるということ。



☆私は誰かに支配されたり、蔑まれるような人間ではないということ。



☆自分に自由与えるのと同じように、相手にも自由を与える。



人間関係で悩み、辛い思いをしてる子達に届けたい1冊です。